ほんとうにあった古本屋でのお話

 これは別な古本屋で働いていた頃、ちょっと耳にしたお話。

 

 ある晩、とある古本屋に買取希望のお客があった。

 持ち込まれたのは紙袋いっぱいのエロ本、当時「裏本」と称されていた類いのものだ。

 店主はさっさと査定を済まして、買受確認票を記入してもらった。

 が、どうもひっかかる。

 買受確認票というのは、住所や名前を買取の際に記入してもらうものだが、そのお客はその職業欄に「団体職員」と記入している。が、さて……

「お客さん、どっかでお会いしましたっけ」

「え?」

「確かどこかで見たような顔……あ!」

 古本屋は膝を叩いた。

「お客さん、角の交番のおまわりさんでしょ」

「い、いや、本官は警察官ではない……」

 

 本官(笑)

 うろたえて思わず一人称が「本官」とか、このおまわりさんの人の善さが窺えてほのぼのしてしまう。

 これを聞いた当時は、有害図書の規制がどうしたとか、散々もめていた頃なので、こんな話が流布したのだろう。

 「ほんとうにあった」と題してしまったが、よほど高額の買取でない限り、古本屋がお客にあれやこれや詮索することはない。

 ちなみに、当店では基本的にエロ本は扱っていないので。