『ノーベル賞経済学者の大罪』という本の裏側に透けて視える「経済」

ノーベル賞経済学者の大罪 増補 (ちくま学芸文庫 マ 32-1)

 

 

 「大罪」ですか、なんかすごいタイトルですね。小見出しも刺激的です。

 

第1章:お砂場遊びの坊やたち

第2章:統計的有意性はお呼びでない

第3章:黒板経済学の不毛

第4章:社会工学の思い上がり

第5章:新しく謙虚なブルジョアの経済学

補論:経済学の秘められた罪

 

 ……とまあ、どっかの夕刊紙みたいな見出しが並んでいます。

 が、内容はごく真っ当な現代経済学の入門書で、ちょっとひねくれた人が経済学の裏口から入るのにちょうど良い、そんな感じです。経済学そのものを根底から問い直そう、というようなことではなく、ほっといたらずいぶん薄汚れてしまったのでお洗濯しましょ、といったところ。

 

 ただ、読んでいるうちに、経済学の弱点が見えてきてしまう、というの確かです。著者はそれを指し示すだけで黙ってる、つまり「ほら、見れば分かるでしょ」と言いたげにそれについては口を閉ざしています。

 それがナニかと申しますと、どうやら経済学は「ゼロ」というものを上手く認識できないってことです。

 「ゼロ」というのは統計上の“0”、つまりほとんどの場合プラスからマイナスへ、もしくはマイナスからプラスへと移行する「通過点」ということです。プラスやマイナスはきちんと把握できるのですが、どちらでもない宙ぶらりんな状態になると、とたんに寡黙になってしまう。

 「宙ぶらりん」てのは、景気が良くもなく悪くもない状態、金持ちでもなく貧乏でもない人々、などなどのことです。だから経済学者や「評論家」と呼ばれる人たちは、どちらかに決めたがるんですね。

 「そんな宙ぶらりんな状態なんか、そんなにあるわけじゃないんだから、経済学が無視するのは当然じゃないか」という考え方もないわけではないんですが、「宙ぶらりん」でありつつ無視できない存在、ってものがあるんです。

 

 それは「経済学者」です。

 「経済学者の経済学」もしくは「経済学の経済学」というものが存在できないのは、そのためですね。

 もっと具体的に分かりやすい例で言いましょう。

 とある地方に小さな大学があると仮定します。ちなみに経済学は「〜だと仮定する」が大好きです。

 その大学には経済学部があります。

 そしてその大学は大赤字だとします。

 さて、その時、経済学部の経済学者たちはどのようにすれば良いでしょうか?

 大学の運営に口を挿みますか?

 もし、その大学の経済学部が無名の教授たちは授業に熱心でなく、しかも論文も大して書いてない、としたらどうでしょう。

 経済学的に考えて、その大学から経済学部をなくした方が良い、という判断を経済学者はするでしょうか?

 この例だと、「経済学と経営学をごっちゃにしてる」と思われるかもしれません。

 ではこれならどうでしょう。

 日本の経済学はノーベル賞を一人も出していません。

 しかし、アメリカの経済学者は何十人も受賞しています。(この本にある通りです)

 じゃあ、日本の経済学なんか全部なくして、経済学はアメリカに全面的におまかせしてしまった方が、より「経済的」なんじゃないの?

 …なーんてことを経済学者は言いません。

 でも、会社経営や国家経済については、類似したことをどんどん申し立てますよね。

 

 経済学は「社会科学の女王」を自認しています。

 それはこの本にも「経済学は真に社会科学の女王なのだ」と書かれています。

 しかし、女王様は鏡を持っていないのです。

 だって鏡なんか覗いたら、「おまえは一番じゃない」って言われちゃいそうですからね。