実は旧仮名遣ひなんていい加減なものなんだという豆知識

ねえ知ってる?

 

○泥鰌は「どぜう」でなく、「どぢやう」、てのは有名な話か。

 

○北杜夫と三島由紀夫が始めてあった時、若かった北杜夫は、三島が「ちょうど」を「てふど」と書いていることを指摘して、「ちやうど、が正しいですよ」と訂正した。三島は怒ってそっぽをむいてしまったそうだ。

 

○内田百閒は「自分の作品は正仮名遣い(旧仮名遣いのこと)だけにするように」と遺言した。今は亡き福武文庫が初めて新仮名遣いに改めて出版したが、冒頭に作者の遺言に反したおわびが載せられていた。

 

○古い人でも読み間違ってる旧仮名遣い。

 「ラバウル」

元の発音はräˈboulで、「ラボオル」と発音するのが正しい。

旧仮名遣いで「ばう」は「ぼお」と発音するから、この表記になったと思われる。

表記通りにrabauruと読んでしまう間違いは、戦前からあったらしい。

 

○同様に犬の鳴き声は古代において「びよ」と表記されていたようだが、これは「べう」と書かれたのを洒落で「びょう」と発音したのが元になってると思う。

あ、これは豆知識じゃなくて、自分の個人的な推測。

 

 実際、旧仮名遣いで書かれた作品は、旧仮名表記で読んだ方があじわいがあると思います。

 しかし、マックは旧字があんまり出せないんですね。困ったもんです。