最近「科学的に考える」とかいう人が馬鹿に見えてしょうがないということについてのメモ

 なんか煽り気味のタイトルを付けてしまいましたが、「馬鹿」というか、「わかってないなー」と思うわけで、まあやっぱり一言で言って「馬鹿」なわけです。ばーか。

 

 えーっと、放射能についてなんですが、「正しく恐がる」という人たちがいるわけです。

 で、これが一見正しそうに見えて実は大事なことを見落としているんですね。

 それは、「自分は頭が良い!」って思ってる人がよくやるあやまちです。

 たとえば、先日無免許居眠り運転で事故った兄ちゃんが、どういうわけか無罪放免になって、「俺は二度と事故らない!ちゃんと免許も取った!」といってタクシーの運転手を始めたとしたらどうでしょう?

 それに乗りたいと思いますか?

 黙ってられたらわからん、という意見もあるでしょうけど、そういうのは置いといて。

 例えが乱暴なのは、わざとです。このくらい刺激的にしないとピンとこないでしょ。

 

 つまり、問題は「信用」なんです。

 科学は「信用」をなくしてしまったんです。3.11で。

 それなのに口を開けば「科学的に考えることが大事だ!」って、それじゃだめだめです。

 そりゃ「科学的に実証された事実」と「社会的な信用」なんてものは、全然違うもんです。だけど実社会でそれは通らないんですよ。

 

 まず、「信用」とは何か。

 それは「弱者が生きるための道」です。

 大金持ちだったり、東大出だったり、甲子園で優勝したりすると「信用」なんてものは天から降ってきます。美人だったり、やたら口がうまかったり、平気で嘘がつけたり、そういうことでも得られたりしますね。反則気味ですが。

 しかし、生まれつきの能力が劣っていたり、大した資産の持ち主でなくても、運動音痴でも、器量が悪くても、口べたでも、誠実に堅実な努力の積み重ねがあれば同等の、ときにはそれ以上の「信用」を得ることができるんです。

 これは、大多数の人間が生きていくために、そして社会が正常に機能するために、絶対に必要なことなんです。

 

 ただし「信用」ってのは、まったく非論理的で非理性的で、もちろん非科学的なもんですから、運用次第で関係のないとこにとばっちりが行ったりします。

 福島の農産物が売れないこともそうですね。信用を失ったのは「科学」のほうなんですが、農家がそのとばっちりを受けてるんです。それなのに「科学」の側は知らんぷりで、「科学的に考えないやつが悪い!」というばかり。だからその「科学」の「信用」が失われてるのに、どうして「科学的に」考えられるんだ、って話。

 

 「百年積み上げた信用も、失うときは一瞬だ」てのはよく言われることであります。

 では失った時どうすればいいか?

 また百年積み上げるしかやりようがないんです。

 科学はその本分に還って、地道に科学的な成果を見せていくしかありません。

 「科学者は語らない。ただ記述するだけだ」とマッハも言っています。

 

 「信用」なんかより「科学」の方が大事だろ!という人もいるんでしょうけど、比べてもしょうがないんですよ。てか、比べられると思ってることが頭が悪い。

 もし、「信用」の代わりを「科学」が担うことになったら、そのとき「科学」は科学ではなくなります。

 科学がイデオロギーになるのは、そういう時です。

 またイデオロギーの話になってしまいましたが、気づいてない人が多すぎるんでせめて自分くらいはきちんとしておこうと、まあ、あの、そんなとこです。

 

 「科学はイデオロギーから一番遠いところにあるから、科学的に考える俺はイデオロギーとは無縁だ」と無邪気に信じてる人がいたりするんですが、そういう人が一番タチが悪い。知ってますか?ボルシェヴィキは「科学的に政治をする」つもりだったんですよ?自分たちだけはイデオロギーから離れていられる、と思ってたんですよ?その結果どうなりました?

 つまり、放射能を「正しく恐がる」とか言ってる人たちは、知らず知らずのうちにイデオローグになっちゃってるんですね。そんなことくっちゃべる前に、黙って福島の農産物食べてりゃいいんです。そういうのに限って、スーパーで輸入ものを選んだりしてそうですが(あ、これは邪推です)

 

 以上、これを読んだ感想でした。書いてる人は好きなんですけどねえ。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ネコだいすき (火曜日, 13 8月 2013 22:00)

    私、ファッション店で働いてる者です、

    店の方針としては、接客も重点的におこなって、顧客満足を向上しようともくろんでます。

    一方、私自身は、理論派で数学や物理、哲学を好む傾向にあり、なんにも考えず
    できるひとの多いなか、心理学から、いや、厳密に言うと、その店の中だけの心理学を感覚的なものでいいから、確立しなければ、とアホなことを考えざるおえない、頭脳で、やらなければならなければならなくなりました(≧∇≦)

    そこでです、心理学はいかにして確立されたか?と言う疑問、もっと広く言うと
    科学自体なにものや、という世界にはいりこむはめになりまひた(≧∇≦)

    そこでこのネットにはいりこんだのですが、やはり他人の実験結果の報告を信頼という、いってみれば、科学からは離れたようなことから、科学が成立してるという話でした。
    少し私情になりますが、いまそういう心理学見地からの接客業確立というのは私にとってはむつかしく、そんなことは考える必要はないと、上司にたたかれてます、
    それはさておき、学校でならってきた科学も、いってみれば人から聞いた話をしんじる他、成立しないもので、そんなものだと思うと、科学をまがいなりにも愉しんできたあとで
    落胆します

    余談ですが、私は科学も哲学も信頼しないとまではいかなくとも、真実とはおもってません。そもそも真実を知るという言葉じたい、実数を数えるのではなく、
    虚数を数える様なものだとおもいます。

    虚数は実世界で数えることはむつかしいです。でも、方程式をとくうえで、あるといっても過言ではないもので、しかもそれは、自分で実感できる数学的論理の中で登場するものです、数えられる数字ではないけど、存在をみとめ、対処する事はできますね。科学全体そんなもの、生きていく事自体そんなものと僕は考えてます(≧∇≦)

    長い話でごめんなさい

  • #2

    ひらきや (水曜日, 14 8月 2013 13:26)

    コメントありがとうございます。

    ややこしそうなお仕事でたいへんですね。
    「科学」という葵の紋所を出されると思考停止する人が多いんで、いろいろと書き連ねています。
    御参考になったならば嬉しいです。