カフカの恋人ミレナについてのわずかなメモ

○ミレナ・イェセンスカはカフカの不倫(?)相手。ドイツ語で書かれたカフカの作品をチェコ語に翻訳した。

 

○30年代始めに共産党員となったが、1936年モスクワ粛正裁判を「欺瞞だ」として離反。

「同時代人としてはオーウェルやスヴァーリンに匹敵する透徹した政治意識の持ち主だった」(ホルヘ・センプルン『ル・ポワン』)

 

○1939年3月15日ドイツ軍がプラハに進駐。

しかし、ミレナは「まだこんなのは何でもないのよ。待っててごらんなさい、いつかソ連が進行してくるから」と言う。

 

○1940年、ゲシュタポに逮捕される。ミレナ自身はチェコ人だが、夫はユダヤ系だった。

ラヴェンスブリュック女子強制収容所に送られる。

 

○収容所でマルガレーテ・ブーバー=ノイマンと知り合う。

マルガレーテはハインツ・ノイマン(ドイツ共産党指導者・コミンテルン代表)の元愛人。

最初ラファエル・ブーバー(マルティン・ブーバーの息子)と結婚していたのでこの名がある。

 

○1944年5月、ミレナはマルガレーテの腕の中で息を引き取る。

「あなたのおかげで、私は生き続けることができるわ……。私がどんな人間だったか、皆に伝えてくれるでしょ……」と最期に呟いた。