空想的出版企画についての限りなく勝手なメモ

【犬塚尭『南極』の出版企画】

 

 『南極』は犬塚尭がH氏賞を受けた処女詩集である。

 とっくの昔に絶版で、Amazonにすら登録ページがない。現在古書価は1万円前後。

 バカな学生だった頃から犬塚尭の詩が好きだった。

 犬塚尭死んでからというもの、いわゆる現代詩というものを読まなくなってしまった。

 

……

 

南極では物は腐らない

 

  あざらしの夫婦が並んで死んだ
  永い旅から帰ってきたら
  何の腐爛も起さずに
  雌は立ったままで
  眼から氷柱を垂らしていた

  犬が食ってしまったらしい雄は
  赤い泥のような小さな塊りになり
  クレパス沿いに点々と並び
  一番新しいらしいのが
  一本湯気を立てていた

……

 

 この『南極』を再版できないだろうか。

 できれば紙の本ではなく、1ページが畳大で、厚さ1ミリの鋼板で作りたい。極限まで磨き上げられた金属板のその中央に、小さな字で横書きで、硫酸で腐食させて焼き付けるのだ。

 重量が何キロになるとか、知ったことではない。

 ページごとに取っ手を付けて、読者が全力でめくるようにする。そういうふうにしたい。

 

 土曜日に娘と行った『シャルロット・ペリアンと日本』展(目黒区美術館)で、会場で流されていたペリアンのドキュメンタリーを見ながら、ふとそんなことを考えた。

 

 

 

 

 

犬塚堯全詩集