空想的出版企画についての限りなく思いつきなメモ

前回の続き

 

【書籍としてのテーブル】

 

 厚さ10㎝、1m四方のガラスを十枚作る。

 そこに宮澤賢治『蠕虫舞手(アンネリダ・タンツェーリン)』を十分割して封入する。

 一番上は浮かび上がって見えるが、十枚目に入れられた部分は底に沈んでいるように見える。

 十枚のガラスは入れ替え可能で、どの部分を浮かばせ、どの部分を沈めるかは持ち主の好みに任される。

 

 

 

 

【書籍としての壁紙】

 

 ジェイムス・ジョイス『フィネガンス・ウェイク』全文を壁紙にする。

 この小説(?)は書物としてより、むしろこのようにして読まれた方がいいのではないか?

 

 

 

 

 

 シャルロット・ペリアンのドキュメントを見ていて、ふと書物を家具化できないかと思ったので。