人間は恋と革命のために生まれてきたのだ(太宰治『斜陽』)

 昨日の官邸前のデモは『紫陽花(あじさい)革命』と名がついたようですね。あじさいの花言葉は「高慢」

 それは東電側にふさわしいといえるでしょう。

 

 デモには参加しませんでしたが、気になったことを少々述べさせていただきたいと思います。

 おそらく、というかこの先確実に、「中立的な」立場をとる「科学者」と「経済学者」が、これまで以上に強硬な姿勢で立ちふさがってくるでしょう。

 え?って感じになるかもしれませんが、これもほぼ確実に、原子力ムラの方はだんまりをきめこむと思います。

 なんでかというと、反対派の口を封じるのは「中立的な」人たちに任せておけばいいからです。

 なんといってもムラに方には「権力」がありますから、黙っていても思う通りに流れを動かすことができる。反対派はなんにもありませんから、当然声を挙げざるをえない。

 「中立的な」人たちは、否定も肯定もしませんから、否定するひと批判し、肯定する人も批判します。ただ、声をあげる人が否定する人(反対派)ばかりですから、その矛先は反対派の側だけに向かってしまうことになります。

 こうした学者の声が多くなれば、なんとなく一般の人たちは「批判されるのは反対派ばかりだな」という印象を持ってしまうわけです。

 ムラの方は、黙ってりゃ勝手に自分の都合にいいようにことが運ぶわけで、こんなラクなことはありません。

 ただ、こうした「中立的な」学者を「御用学者」と切って捨てるのは感心しない方法です。むしろムラ側から意見を引き出すことを考えるべきでしょう。学者の中には、ただ「中立的」であろうとしてるだけで、知らずしらずムラ側にたってしまう人もいるわけで、そういう人の言うことは、どんなにおかしくとも取り合わない方が良いと考えます。

 そうした上で一般の人には、上記のような構図があるので、どうしても反対派がおかしいような印象がふりまかれがちだ、ということを周知していただければいいのではないでしょうか。

 

 はっきりとした「現実」に対峙する時、人は「中立」などではいられません。

 それでもなお現実から目を背けようとするなら、その時「中立的な」学問は、カルト宗教と大して変わりない立ち位置になりますよ、とそれとなく「中立的な」学者に示唆することができれば一番効果的なんですが。

 少なくとも、今も原発は放射能を吹き出し続け、多くの避難民が戻れない状況にあるという「現実」は揺るぎないものなのですから。

 

 ここでこういうことを書いても無駄かもしれませんが、書きたかったので書きました。乱文多謝。

斜陽 (角川文庫)