かなしいにほひやねん

 昨晩、娘より御下問有り。

娘「ぱぱー、かなしいにおいって、どんなニオイ?」

私「ええー、 悲しい? 匂い? なんだそれ」

娘「ほら、背中にただよってるやつ」

私「背中?」

娘「あいしゅう、って、哀しい臭いなんでしょ?」

私「加齢臭みたいにいうなよ……」

 なんだかいきなり我が身が愛しくなった、そんな夏の夜なのでありました。

 きっとこの時、私の背中に哀愁がただよいまくっていたことでしょう。

 る〜る〜るる〜

 

 娘との会話だけだとなんなので、妻との会話、というか定番ネタも。

妻「だーかーら、女の子はデリケートなのよ!」

私「え?バリケード?」

妻「全然違う!傷つきやすいの!」

私「頭突きしやすいのか」

妻「なにいってんの!あたしは繊細なのよ!」

私「ああ、爆撃するから」

妻「戦災じゃない!せ・ん・さ・い!!」

私「犀が千頭いるとかかな」

 ……このへんでやめときます。

 今時松竹演芸場でも見かけないようなネタですが、リアルでこんな会話しております。もし我が家に盗聴機がしかけられたら、聞いてる人は脳みそ腐っちゃうでしょうね。

哀愁 [DVD]