宮澤賢治関連の書籍からできそこないでへんてこなメモ

床屋

 

瓦斯の灯が急に明るくなった。

「僕のひげは物になるだらうか」

「なりますとも」

「さうかなあ」

「も少し濃いといゝひげになるんだがなぁ、かう云ふ工合に。剃らないで置きませうか」

「いゝや、だめだよ。僕はね、きつと流行るやうな新しい鬚の型を知つてるんだよ」

「どんなんですか」

「それはね。実は西域のやり方なんだよ。斯う云ふ工合で途中で円い波をひとつうねらしてね、それからはじを又円くピンとはねさすんだよ。こいつぁ流行るぜ」

「今どこで流行つてゐますか」

「イデア界だ。きつとこつちはもだんだん来るよ」

「イデア界。プラトンのイデア界ですか。いや。アッハッハ」

「アッハッハ。君、どうせ顔なんか大体でいゝよ」

 

…………

 中学時代の賢治は、猫背で反っ歯でがに股で色白で太っていて、学校の成績は中くらい、スポーツの類いは全くダメ、歌えば音痴、楽器はできず、栽培作物どころか動植物への興味もなく、字もヘタクソで、詩を書いても同級の生徒に劣っていた。友達と呼べる人間も一人しかいなかったという。

 

…………

羽田正による回想。

「堀込さんの結婚式に、私もまいっておりましてが、いろいろ話しているうちに、ひょっと(賢治が)言ったのですがね、『世間の人は、みんな私を童貞だと思っていますよ。ハハハハ』」

 

…………

賢治は大量の春画をコレクションしており、蔵書にはハバロック・エリス『性学大系』の原書もあったという。また、花街に泊まったこともあったことがわかっている。