ふと思い出したちょっぴり怖い話

 確か、娘が二歳ぐらいのことだったと思う。

 当時は、西荻のふるーいマンションの二階に住んでいた。

 ある晩、娘と二人で風呂に入ると、娘が不思議そうな顔でじっと洗い場の隅を見ている。

私「どうした」

娘「今日は『ちゃいろいしろい人』がいないよ?」

私「え」

 

 ……少々あわてて風呂から出た。

 娘に「ちゃいろいしろい人」ってなんだ?ときいても、むすっと黙っているばかり。

 少し日をおいてからきいたら、「なーに、それ?」と全く憶えていない様子。

 

 そのマンションには二年ほど住んでいたが、これ以外はなんということもなかった。