信用とか凡庸とかぶんぶんぶんハチが飛ぶとかちょこっと考えたことについてのメモの追加

 そういえば「凡庸」とはなにか、とかはっきりしていない。

 結局は「非凡ではない」ことが凡庸なのだろう。

 またぞろ「否定の否定」になってしまったが、誰もが目を背けたがる社会の中核部分というのは、「否定」によって成り立っているのかも知れない。

 

 凡庸であることは、つい三、四十年前まで価値が認められていたように思う。

 それを認めていたのは、主に「上の方」からだった。

 それがある日から、ばっさり「上の方」から切り捨てられた。

 切り捨てられても、凡庸な人々は「凡庸」を切り捨てることを肯定した。

 誰もがそこから逃げ出し、そこから目を背けて生きていきたいと考えたからだ。

 

 凡庸を切り捨てるにあたって、いろいろな餌がまかれていた。

 曰く「お前たちは優秀な民族だ」「この国は素晴らしい国で、その国に住むお前たちは素晴らしい人間だ」「他より勝るお前たちだけがつかみ取れる未来がある」

 とかなんとか。

 こういう餌は、パターンを変えつつ、世界中にばらまかれたいたように思う。

 

 結局それは、自分の襟首をつかんで空中に引き上げようとするのに似ていて、地面でじたばたするだけに終った。

 それでも長い間気づかず、笑顔でばたばたしてたみたいだが。いや、今もしてるのかな。

 

 凡庸さに支えられながら凡庸を嫌ってやまない「自由」は、やはり飛べるはずがなかったのではないか。

 マルハナバチは飛べないと言われつつも飛ぶが、「自由」は飛べないと皆が知れば、その浮遊力を失うだろう。