ミュージシャンのエピソードについてのメモ

○ジャズの巨人、チャーリー・パーカーはストラビンスキーの『春の祭典』の楽譜を鞄に入れて持ち歩いていたそうだ。

 

○そしてストラビンスキーはチャーリー・パーカーにファンレターを出したことがある。

 

○1949年のある日、パリのとあるクラブでチャーリー・パーカーが演奏していると、そこにサルトルが現れた。紹介する人がいたので、パーカーはサルトルに話しかけた。

「お会いできてうれしいです、サルトルさん。私はあなたの演奏が大好きです」

 

○チャールズ・ミンガスが死の際にあった時、ラジオからバルトークの弦楽四重奏曲が聞こえてきた。

「なんて美しいんだ。ずっとこんな曲を書きたかった」

 

 

 

○昨日書き漏らした話。

ストラビンスキーとピカソは連れションして逮捕されたことがある。