電子書籍に何が足らないのかわかるかどうか知らないけどいしかわじゅんのマンガがつまんない理由がすごくよくわかった

 えーっと、こんなのがあったんでご紹介です。

 

【電子書籍時代に出版社は必要か】

http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1208/23/news061.html

 

 誰からも必要とされる「本」なんて存在しませんよ。同時に出版社も。

 食料や住居や衣類は誰もが必要としますけどね。

 長い割にはどっかで聞いたような話ばかりなんですが、いしかわじゅんというマンガ家が

 

>>「俺ね、1回も編集者の言うことなんか聞いたことないよ」「大学出た若造が、何で俺の漫画直せるんだ」

 

と言ってるって話は得心が行きました。

  「ああ、だからいしかわじゅんのマンガって、とてつもなくつまらないんだなー」と。

 

 えーっと、またどっから話せばいいのかってんですが、「文学」がなぜ衰退したかというと、端的につまんなくなったからですね。で、なんでつまんなくなったかというと、作家がぜーんぶ一人で考えて書くようになったからです。

 昔の作家ってのは、とにかく文学について話合ったし語り合ったし、とにかく他人の意見が嫌でも耳に入ってきました。耳を塞いでも編集を通して。

 そうしないと、いいものを創ることは出来ない、とわかっていたからです。

 だから作家は「弟子をとる」こともしました。

 佐藤春夫なんか、「のべ三千人ほど面倒見た」と豪語しています。

 これをやんなくなったのが、だいたい「第三の新人」くらいからですね。

 作家の「個性」がもてはやされ、孤高の「文学」が成立し出した頃から、どんどん「文学」は衰退します。いや、文学に限らず小説全般かな。それだとさすがに言い過ぎか。

 

 で、マンガの隆盛があるのは、マンガはわかりやすからってだけじゃありません。

 マンガ家というのはごく一部をのぞいて、アシスタントを雇いますね。

 「アシスタントの感想なんか聞いたことも無い」というマンガ家もいるでしょうが、つまんない作品の手伝いをしていれば、しゃべらなくてもアシスタントが内心「つまんねーな」と思ってることなんか、それとなくその場の空気で伝わるというものです。

 こうして常に複数人で制作しているから、マンガは強いんです。

 

 クリエイティブな仕事というのは、天才的な個人だけにまかせているとたちまち陳腐化するし、量が足らなくなります。

 それに「天才」の作品って、同時代的にはそんなに売れないし。

 だから他人の意見を聞くのは、どんなに不満であっても必要なんです。つまるところ「モノを創る」ということは、「文句を言われる」ことでもあるんですから。

 なので上掲のパネデの中で……

 

>>赤松 さっき「バクマン」がどうとか直しがどうって言いましたけど、「バクマン」とかさっき三田先生もおっしゃってた その形は、作家としてわりと古い価値観なんですよ。今若い人たちは、pixivで、無料で描いて、褒めてもらえるだけで十分、もしくは、同人で、編集者の 直し無しで、自由に書ける作品をね。しかも、自分プロデュースだから凄い儲かると。こういうので、客が5000人並んでるのを見て、ああ、励みになるなと いうのが今の若い作家です。

 

 こういうのを読むと、「ああ、マンガも長くないな」と思ってしまいます。

 まだ代替品が出てきてないし、こういう流れが主流になってないから続いてるだけで。

 もし本格的に電子書籍の時代がやってきたら、マンガは衰退するような気がしますね。

 

 まだまだ言いたいことはありますが、それはまたの機会に。