『古事記』についての素朴すぎるメモ

○最初イザナギ・イザナミが二人で神を作っているが、黄泉から帰ったイザナミは独りで噛みを生んでいる。そして、それらがイザナミの後継者のようになっていく。独りで生まれた神の方が重要な役割をするのは、ギリシア神話のアテナやアプロディテなどにも見られる。それはキリストの祖型かも知れない。

 

○イザナギが独りで生んだにも関わらず、スサノオが「母に会いたい」とイザナミを恋しがるのはなぜか。

 

○アマテラスとスサノオは単独で神を作って競い合う。しかし、スサノオは結婚して子孫を残すこともしている。

 

 

 

ぼおるぺん 古事記 一ぼおるぺん古事記 (二): 地の巻  

 

 古事記は現代語訳・まんがを含め十数種類読みましたが、上のこうの史代のものが一番面白く、かつためになると思われます。おすすめ。