莫言氏とノーベル賞と魯迅もしくはプレゼントは常にうれしいものとは限らないということについて

赤い高粱 (岩波現代文庫)

 中国人に初めてノーベル文学賞が授与された、と人は見たがるものらしい。

 莫言氏の受賞はかならずしも中国という「国家」にとって誇らしいものではないはずだが、無理矢理そのように受け取っているようだ。中国国内で流される莫言氏のインタビューは、不都合な部分がカットされているという。

 

ノーベル賞:莫氏「劉氏の自由願う」 「体制側」に反論

http://mainichi.jp/feature/news/20121013k0000m030090000c.html

 

 ノーベル賞、というのは割と「そのように」運用されるもので、日本でも未だに大江健三郎の受賞に歯がみする連中がいたりする。前回のノーベル平和賞なんかはそれがストレートだったので、今回は変化球が投げられたということだろう。

「贈り物」には、そういう使い方があるのだ。

 誕生日のプレゼントに「口臭消しクスリ」を送られたら、あなたはどんな気持ちになりますか?

 

 その点で、今度のノーベル平和賞がEUに送られたことに、おもわず膝を打ってしまった。

 ずいぶんぶつくさ言う人が多いし、イギリスの首相は「授賞式行きたくないよー」とだだをこねるし、ごたごたぶりは見てて飽きない。

 経済的な失敗で、「ギリシアを切り離せ」「ドイツが率先して離脱すればいい」「イギリスはイチ抜けたいと言ってる」などなどかまびすしい中で、ノルウェイ国会の委員会は「本質に立ち返れ」と無言の、しかし強烈なメッセージを発したわけだ。

 

 賞の運用について疑問に感じる人が多い中、世界最高の賞の一つとして続くのは、「贈り物」の中に、考えさせられるメッセージが込められていることが多いからだろう。

 が、そういうことは多くの人には伝わらないらしく、お膝元のスウェーデンで、莫言氏の受賞について悶着が起こっているようだ。

 

中国作家、莫言氏のノーベル文学賞受賞をめぐり、スウェーデン・メディアが大紛糾

「1千億円で文学賞売り渡した」

http://blogos.com/article/48639/

 

 中国がスウェーデンに90億クローナ、約一千億円投資するというので、見返りに文学賞を与えたのではないか?と言われているらしい。ちなみに90億クローナってのは、スウェーデンの一月の貿易黒字と同額である。

 たぶん、騒いでるのはごく一部の人だと思うけど、この人たちには「メッセージ」があやまって伝わってしまったのだろう。

 

 さて、中国の作家でノーベル文学賞を受けそこなった、といわれる人に魯迅がいる。

 作品を読んだ探検家のスウェン・ヘディンが「ぜひノーベル賞に推薦したい」と魯迅に手紙を送ったところ、「ありがたり話ですが、辞退します。今私が受賞すると、中国人が勘違いして思い上がってしまいかねないので」と阿Qの作者らしい返事をよこした、という。

 ヘディンはアジアの文学に造詣が深く、日本からは賀川豊彦をノーベル文学賞に推薦したりしている。

 

 魯迅の作品は、どれも現代においてまったく色あせていない。『阿Q正伝』は誰もが一度は読んでおくべきだと思うくらいだ。特に高校生男子とかは。

阿Q正伝・藤野先生 (講談社文芸文庫) 

 

 個人的には、中国の伝説を題材にとった幻想的な短編の方が好みだ。莫言氏はガルシア・マルケスばりのマジック・リアリズムと言われるが、こちらの血統の方も無視してはならないと思う。

 

故事新編 (岩波文庫)  

 

 

 そして、魯迅といえばもうひとつ、「藤野先生」が良く知られている。仙台医専(現東北大)に留学中、藤野という先生との交流を描いたものだ。

 以下、wikipediaから引用。

 


「私の講義、ノートが取れますか?」とかれ は訊ねた。「どうにか」 「見せてごらん」  私は筆記したノートをさし出した。かれは受け取って、一両日して返してくれた。そして、今後は毎週持ってき て見せるようにと言った。持ち帰って開いてみて、私はびっくりした。同時にある種の困惑と感激に襲われた。私のノートは、はじめから終りまで、全部朱筆で 添削してあり、たくさんの抜けたところを書き加えただけでなく、文法の誤りまでことごとく訂正してあった。このことがかれの担任の骨学、血管学、神経学の授業全部にわたってつづけられた。-中略-

 だが、なぜか私は、今でもよくかれのことを思い出す。わが師と仰ぐ人のなかで、かれはもっとも私を感激させ、もっとも私を励ましてくれたひとり だ。私はよく考える。かれが私に熱烈な期待をかけ、辛抱づよく教えてくれたこと、それは小さくいえば中国のためである。中国に新しい医学の生れることを期 待したのだ。大きくいえば学術のためである。新しい医学が中国に伝わることを期待したのだ。私の眼から見て、また私の心において、かれは偉大な人格であ る。その姓名を知る人がよし少いにせよ。


—訳文は竹内好訳『魯迅文集』第二巻、1976、p150・p154

 

 ここに登場する藤野先生(藤野巌九郎)は、まったく身なりをかまわない人だった。

 面長の顔には細く長い無精髭がたれさがり、いつもぼろぼろの成りをしていた。

 電車に乗ると、車掌が「えー、みなさま、懐中物ご用心、懐中物ご用心」と言ったという。スリに間違えられたのだ。ついでに、中国人にも間違えられたのかも知れない。

 

 魯迅は、日本も日本人も大嫌いだった。

 仙台医専留学中にも、中国人が処刑されるフィルムを学校で見せられている。同級の日本人の学生たちは無邪気に喝采したそうだ。

 しかし、それでも魯迅は多くの日本人と交流し、亡くなったとき彼をみとったのは日本人ばかりだった。

 

 最期に一つ、豆知識。

 ねえ知ってる?

 1993年以降、ノーベル文学賞受賞者はアメリカ人から出ていないんだよ。