電子書籍に何が足らないのかについてわかっちゃいないけどどうにかしなきゃならないということなのかな

 とうとうKindle Fire上陸だそうで。大したもんですね。

 そして、以前「誤報」とされたNewsweek完全デジタル移行は、どうやら事実になってしまったようです。

 

A Turn of the Page for Newsweek

http://www.thedailybeast.com/articles/2012/10/18/a-turn-of-the-page-for-newsweek.html

 

  少部数でも紙で出しといた方がいいと思うんですが、懐事情がそうさせてくれないってことなのでしょう。

 もっと儲からなくなるだけだと思いますけどね。

 

 ところで、先行する電子書籍サービスRabooをばっさりやめて、koboに全力投球な楽天さんですが、消費者庁から「行政指導」をくらってるみたいです。

 

http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201210250013

>■楽天 <4755> 757円  -19 (-2.5%)   09:06現在
>25日付の朝刊で「電子書籍点数を多めに表示で行政指導」と一部報じられたことが売り材料視された。

 

 なんか、ウィキペディアの人名事典を1Pづつばら売りしたとかしないとか。

 とにかく点数を水増ししたかったみたいです。

 その一方で、こんなこともやってます。

 

【ツィッター騒然、「koboが突然自宅に送られて来た」】

http://news.livedoor.com/article/detail/7076014/

 

 楽天カードのプレミアム会員に「タダで」送りつけてるみたいです。

 太っ腹ですね。きっと英語でたくさん会議した結果、決まったことなのでしょう。

 

 とまあ、ここまで揶揄っぽく書いといてこんなこと言うのも何ですが、やってることの方向性はまちがってないです。本のバラ売りも、とりあえずメディアをばらまいちゃえ、ってのも、正しいです。

 それがなんでこんな、くすくす笑える事態になっているかというと、たぶんkoboの上の方でぱぱーっと決断する人がいて、下の方がそれにひいひい言いながらついていく、というよくある構図があるんじゃないかと。

 とにかくやらないと上の方が起こるから、下の方でいろいろ考えてちまちま帳尻合わせるわけですね。

 

 こんな具合に「ずっこけ」をやっててくれると、こっちも気楽でいいんですが。

 

 

 

 

〈リンク追加〉

楽天、電子書籍点数を過大表示 消費者庁が行政指導

http://www.asahi.com/business/update/1025/TKY201210250228.html