ニジンスキーとんでこわれてきえた

 ニジンスキーの映画は二種類見たことがある。

 一つはニジンスキーを題材にしたハーバート・ロスによる伝記的な映画

 

 それから、本当にニジンスキー本人を写した映画。どこかの原っぱで『牧神の午後への前奏曲』を踊っていた。もちろんモノクロ。

 同じものがYouTubeにないかと探してみたが、断片的なものしか見つからない。しかし、ちょっと面白いものもあった。一九四五年、おそらく精神病院から退院してウィーンの町を歩いていたニジンスキーを撮影したものだ。

 

 ニジンスキーは後半生を精神病院で送ったときいていたので、この影像の存在は意外だった。

 すっかり精神を病んだニジンスキーは自分を馬だと思い込んでいたらしい。それについてちょっと小話がある。

 ある日のハリウッド。例によってザナックの元に映画企画が持ち込まれた。

「伝説のバレエ・ダンサー、ニジンスキーの生涯を映画化しましょう」

「おいおい、自分を馬だと思い込んだ男の話なんかウケるわけがないだろう。どうやってハッピーエンドにするんだ?」

「最後は、そう、ケンタッキーダービーで優勝させてやるんですよ!」

 

 上記は古いジョークだが、実際に「ニジンスキー」と名付けられた馬は存在するようだ。

……やれやれ。

 

 さて、ニジンスキーといえば、そのまま落ちてこないんじゃないかと思える「大跳躍」の伝説がある。

 今考えると、これは「跳躍後の力の抜き方が素晴らしかった」ということではないかと推察できる。

 最近「クラシカ・ジャパン」というCATVのチャンネル見ていて、古いバレエの影像を目にする機会が増えたのだが、とにかく昔の男性ダンサーというのは、動きが「重い」。一挙手一投足に力が入りまくってて、何とも重量感がある。ありまくる。

 昔はバレエの中心はあくまで女性であって、男はそれを支える存在でしかなかったのだから、それで充分だったのだろう。

 なので、映像で昔と今とを見比べると、とにかく男性ダンサーのレベルがはっきりと違うのがわかる。

 最近のダンサーは、ジャンプした後力を抜ききっているので、まるで重力から離れてふわふわ浮いているように見えるのだ。

 ニジンスキーの伝説の「大跳躍」は、こうした動きが先んじて出来ていたのではないか、と思う。

 

 話は全然変わるけど、羽生結弦ってスケーターはすごいね。今朝のニュースでたまたま目にしたんだが、フィギュア・スケートというもので初めて感動した。変な女に引っかからないか心配になる。

 

ニジンスキーの手記 完全版

せっかくだからおまけで。