小沢昭一が亡くなってまたひとつ昭和が遠くなったけど「それでいいんだよ」と小沢昭一的こころで言いそうに思う

 

 

 昔々その昔、ソープランドはトルコ風呂と呼ばれていました。トルコ政府から文句が来て改名することになったとききますが、「ソープランド」と名付けた人は偉いですね。トルコ風呂よりしっくりくるネーミングだったので、たちまちのうちに定着しました。今じゃ「トルコ風呂」なんて、解説付きじゃないとわかんないくらいになってます。

 

……………………

 

 

トルコはミニ劇場である。

観客一人、女優一人の、

しかも、あれはどうしても「観客参加演劇」で、

あの一対一の対決はまことに虚構にみちていて、

例えば、あの女優の語る身の上話などは、客に応じての何通りかが用意されてあって、

客も、適当にふだんの貴方(アナタ)と違った演技をしたりして、

あるいは、ふだんの貴方と違った真実を、この劇場の中でだけ露呈して、

だから、日常性を越えているようなところがあって、

つまり、日常とは異なる時間、空間に、客は遊戯して、

で、序幕は、静かに、何気なく、始まって、

盛り上がりは、これは必ずあって、

主導権は往々にして、力倆の勝った方がとることになって、

幕切れは、まごうことなき、断末魔で、

そのとき、おもに女優が、練磨した発声法で高らかに、韻律詩を「虚実皮膜の間」にうたいあげて、

そしてさわやかなエピローグもついて、

…………

これも、きりがないから止める。

 

 

……………………

 上記は『ドキュメント 綾さん ー小沢昭一が敬愛する接客のプロー』からの引用です。

 なんか寺山修司の香がほのかに漂うというか、70年代ってこういう言い回しが流行ってたんですね。

 内容は本物のトルコ嬢佐藤綾との対談で、接客のコツについて小沢昭一が教えを受ける、というかっこうになっています。

 

……………………

 

 

佐藤○お客様をしつこいと言う前にね、そのしつこいお客さんをね、しつこくないようにするのが私たちに、あの、商売だと思うんですよね。どんな人でも持っていきようによっちゃ優しくもなり、まァね怒って帰ることもあるんだから。だからそういうことを、その、話してるのにその時に聞いてなくて、そのくせナンダカンダって言う人は、もう売れない人ですよ。

 

 

 

……………………

 こういう「接客術」というのは、トルコ嬢に限らず、日本で究極まで進化していたようで、某有名外タレなんかも、来日するたんびにトルコをせがんだそうです。ソープと名を変えた今はどうなってるのか知りませんが。

 なんとなく、ジャン=リュック・ゴダールの「すべての労働者は娼婦である」という台詞が思い出されます。

 

 小沢昭一は、同時代において顧みられなかった数々の芸能に光を当て、それを丁寧にまとめました。上記のトルコについての本もその成果の一つです。

 時代を記録することは多くの人がなしますが、時代の「空気」そのものを写しとることは、限られた人にのみ可能なことです。

 小沢昭一はそれをしようとして、ちゃんとできた人でした。

 晩年は放送大学で講師をして、実際に自分で「門付け」芸を復元してみせ、普通の家をまわって反応を記録し、講義で流してたりしました。

 

 

 

 この時の講義のテキストは、放送大学関連の古書としては異例の高値で取引されています。

 

 

私のための芸能野史 小沢昭一(ちくま文庫)