ぴょろんぴょろん♪ぴょろんぴょろん♪タイムクエイクが起こりました

タイムクエイク (ハヤカワ文庫SF)  

 

『タイムクエイク』は、現代アメリカを代表するSF作家、カート・ヴォネガットの最後の小説にして『渾身の失敗作』である。

 この小説の中で起こる「タイムクエイク「というのは、「時間軸で地震が起きること」で、単行本で出たときは、'60年代のSFみたいに『時震』なんて高校生でも思いつくまぬけな副題がついていた。

 時間軸で「時震」が、タイムクエイクが起きるとどうなるか?

 人々は未来の記憶を持ったまま過去に吹っ飛ばされる。

 しかし、そこで自由になることは一切なく、これから何が起こるかわかっていながら、どうしようもなく歴史を繰り返すのだ。

 あの時、テストに名前を書き忘れなければ……

 あの時、おなかが痛くならなければ……

 あの時、スーソ(麻雀の)を切ったりしなければ……

 あの時、あの時、あの時……

 なかったことにして幸せに暮らしていたのに、もう一度自分の馬鹿さ加減を思い知らされる、これはとんでもなくイヤな災害だ。

 いいことがあった人だって、それを繰返してみると、自分のお人好しぶりに腹が立ったりするものだし。

 かくして、タイムクエイクに見舞われた人々は、このような認識にいたる。

「人生はクソの山だ」

 

 実際、もし本当にタイムクエイクに見舞われたら、どんな気持ちになるだろう?

 次々とやらかす「経験済み」のまぬけっぷりを、「避けようもなく」繰返すのだ。

 それはもはや、「笑うしかない」だろう。

 

 小説の中では2001年二月十三日にタイムクエイクが起きたことになっている。おしい、9.11まであと半年とちょっとだ。小説が書かれたのは1997年。小説中で、世界は1991年二月十七日まで吹っ飛ばされている。

 いったい何が彼にこの小説を書かせたのか。神か悪魔のどちらかだろう。

 これは恐るべき予言の書にもなっている。

 なぜなら、2001年にブッシュ・ジュニアが大統領になったからだ。

 これからどんな間抜けな事態が起こるか、すでに「経験済み」であるにもかかわらず、それは「避けようがなく」、どうにもならずに人々は「笑うしか」なかった。

 歴史というやつは、ときおりこうしたタイムクエイクを起こすらしい。

「歴史は繰り返す。一度めは悲劇として、二度目は喜劇として」とマルクスが『ルイ・ボナパルトのブリュメール十八日』に書き付けたときも、タイムクエイクは起きていたかも知れない。ルイ・ボナパルトのまぬけ面は、今見ても「笑うしかない」

 

ルイ・ボナパルトのブリュメール18日―初版 (平凡社ライブラリー)  

 

 さて、3.11の余震として、タイムクエイクが起きたのではないだろうか。

 これからどんなことが起ころうと、それはすでに「経験済み」で、それでいて「避けようがなく」、もはや「笑うしかない」だろう。

 でも、タイムクエイクはいつか終る。

 その時はキルゴア・トラウト(カート・ヴォネガットの分身のSF作家)が背中をどやしてくれるはずだ。

「目を覚ませ!後生だからfor God's sake目を覚ませ!自由意志!自由意志!」

 

 

 

 片手でキーボードを打つのはしんどい。

 次回は十二月二十六日にできるといいな、と思います。