あけましておめでとうございます

 年の瀬に左腕をポッキリやってしまい、家族には色々と面倒をかけた。

 片腕でできないことやりづらいことは思ったより多く、簡単なところではマフラーが上手くしめられない。片手でやると、どうも胸元が薄ら寒くなる。

 そこで妻に病院へつきそってもらった時、妻にしめてもらった。

妻「しねー♪」

 そして娘と買い物に行った時は、娘にしめてもらう。

娘「しねー♪」

 ……なんで口調まで同じなんだ。

 こういうのはどこら辺の遺伝子が発現しているのだろうか。

 

 大晦日はテレビで紅白とダウンタウンとを見た。

私「ねえ、お願いがあるんだけど」

娘「いや」

「ちょっとだけパパが見たいのにしてくんない?」

「いや」

「第九のノリントン指揮のが」

「いや」

「……」

「……」

「あ・はっぴー・にゅー」

「まだ早い」

「そこは『いや』だろ」

「いや」

…………手強い……。

 

 ともあれ皆様、あけましておめでとうございます。

 本年もどうぞ古書比良木屋をよろしくお願い申し上げます。

 

 骨折りて 手刀を切る 初詣

 

 

 

へびのクリクター