春立つや 火薬のにおう 古い本

 店に来たお客様がもらす感想は多々あるが、中でも多いのが、

「わー……ほこりくさーい」

 すいませんね。

 気を使って「古本のにおいがする」と言って下さる人もいる。

 長いことやってると「においが身体に染み込むよ」と笑う老舗の店主もいる。

「あんた古本屋だね?においでわかるよ」なんて、へたくそな小説のワンシーンみたいだ。

 

 今日購入した本は、開くと火薬のにおいがした。

 硝煙の名残ならドラマチックだが、おそらくは花火のにおいでもとじこめられていたのだろう。

 本のタイトルは『外国新聞雑誌研究』、大正十三年に刊行された雑誌で、そのうちの九冊だ。

 ナチスがドイツの「秘密結社」として紹介されていて、変に若いヒトラーの写真が載っていたりもする。

 

 そういえばそろそろ旧正月だ。

 中華街はまた火薬のにおいでいっぱいになるのだろう。