神すらもまた恥じ入ることだろう

 昔々、貧しい村に貧しい一人の男がいた。

 男は口をきかなかった。

 口がきけないのではなく、ただおのれの意志でひと言も喋らなかった。

 男は鍛冶屋して暮らしていたが、そんな風だから日々の食い扶持にも事欠く有様だった。

 両親は男が成人する前に亡くなり、それから男はずっと独りだった。

 喋らない男に親切にする者はおらず、男は村中から蔑まれていた。面と向かってひどい言葉を投げつけられたり、つまらないいたずらをしかけられて笑い者にされたりした。

 それでも男はひと言も話さなかった。

 やがて男は老い、仕事ができなくなると自然に痩せ衰え、そのまましぼむように死んだ。男のことを顧みる者は一人としておらず、十日とたたずに忘れられた。

 

 そして、死んだ男が目覚めると、そこはまばゆい光に満ちた世界だった。

 男は学問どころか、文字すらも知らなかったが、そこが話に聞く「天国」だということはわかった。

 辺りを見回すと、大勢のにこやかな天使たちに囲まれていた。そして男の正面にはひときわ輝かしい存在があった。

 まぶしくて正視することもできないその存在こそが、神と呼ばれるものだと思われた。

 空中いっぱいに声が響いた。

「お前の人生は比類ないものである。お前には無限の幸福を手にする資格がある」

 それは、輝かしい存在から発せられたものと察することができた。周囲の天使たちもその響きを聞いて、うれしそうに笑いさざめいた。

「今からお前は地上へ降り、お前の望みはすべてかなえられる。無限の富を望むのなら、それは与えられる。永久に朽ちぬ名声を望むなら、それは与えられる。この世界のすべてを望むのなら、それは与えられる」

 男はゆっくりと顔を上げた。すると、天使たちが口々に男をうながした。

「さあ、望みのものを言うが良い」

 男は口を開いた。

「あの」

 男の声は、数十年ぶりにゆっくりとその喉からあふれ出した。

「毎朝、あったかいパンに、バターをたっぷり塗って、食べたいです」

 それを聞いたものすべてが、顔を紅くして恥じ入った。天使たちも、神すらも。

 

 

イディッシュ文化―東欧ユダヤ人のこころの遺産  

 

 

 以上は、イディッシュ・ユダヤの昔話です。

 すんません、記憶だけで書いてるんで、細部とか違ってるかもわかりません。

 まあしかし、「ユダヤ」というと日本では「金儲けが上手い」という印象ばっかなので、こういうお話に出くわしたりすると、ちょっと意外に感じる人もいるんじゃないでしょうか。てか、こういう部分を理解してないと、ほんとは『屋根の上のバイオリン弾き』とかわかりゃしないんですけどね。

 

イディッシュ・ソング 昔と今 (Sings Yiddish Songs)