無題

 吉祥寺の駅前、バスや自動車がひっきりなしに往来する道を、ハクセキレイが渡るのを見た。

 鳥は飛ばずに、歩いて道路を渡った。

 そうするのが人間たちへの「礼儀」だとでもいうように。

 二年前、この辺りは、大勢の人たちが誰も彼も灰をかぶったような顔をして歩いていた。

 駅の入口には巨大なシャッターが降り、近寄るとそれは細かく震えていた。

 あれから多くの人たちが多くのことを語ったけれど、時が立つにつれ耳から流れ出てしまった。

 自分でも書くべきことをいろいろと考えてみたけれど、花粉症でくしゃみをするたびにちり紙と一緒に捨ててしまった。

 三月の道をセキレイ踏み固め

 

(セキレイの季語は秋だけど)