書籍を扱うのは肉体労働なんですよ

 もう20年以上前の動画ですが、笑えますね。突っ伏して寝てるねえちゃんとか、あっちじゃよくあるのか、自動販売機は蹴ったり揺すったりするものなのか、などなど。

 とにかく本を運んだり整理したりするのは大した重労働で、古本屋は必ず腰やら肩やらいためます。中には腕を折る人も。(自分だけか?)

 本は紙でできてますが、紙と言っても元は「木材」なので、製材所で働いてるようなもんですね。崩れてきて下じきになると命の危険がある、てとこも同じです。

 

 中島敦の小説に「文字禍」てのがあります。

 最後、博士は地震で崩れてきた書物の下じきになって死んでしまいます。

 ボルヘスにもそんな話があったし、「本に埋もれて死ぬ」のはある意味本望なのかもしれません。わたしゃごめんですけどね。

 電子書籍じゃ、そういうロマン(?)はありませんね。kindleの角に頭ぶつけて死ぬとか、豆腐よりあり得ない。

 

…………君や わしらが、文字を使って書きものをしとるなどと思ったら大間違い。わしら こそ彼等文字の精霊にこき使われる下僕(しもべ)じゃ。

(中島敦『文字禍』)

文字禍