信じられないが信じたくない

 関東大震災は人工的に起こすことができる。

 関東に住む人間がいっせいにジャンプすると、着地した時にマグニチュード9.88のエネルギーが発生し、震度8の地震が首都を襲う。

 

 宇佐という町は昭和六年に作られた。

 ここから輸出される品物はすべてMade in USAと表示された。つまり、宇佐とは偽米国製品を作って輸出するために、人工的に作られた町なのである。

 

『滿韓日日訪游記』という自費出版の書物がある。

 元陸軍中尉加藤武が昭和十三年当時の満州と朝鮮をぶらぶら歩いた旅行記である。

 この中に「金好」という男が出てくる。著者とはたまたま道連れになったのだが、中国語も朝鮮語もぺらぺらで、ロシア語までこなす。一緒に歩いていると便利なことこの上ないが、どこか得体の知れないところがある。「東亜同文書院の卒業生だ」と自称するが、釈然としない。この男は旅行の途中でなんの断りもなくぷいと消えてしまう。

 戦後、著者が北朝鮮の将軍となった男の顔を見てびっくり。それは……

 

 現代医学において、すでに不老不死の技術は完成している。

 ただ、それを施すと体がぴくりとも動かなくなるのだ。

 

 スペインのイザベラ女王がコロンブスにあてた「アメリカ大陸支配認可証」が、今も世界のどこかにある。この証書は特定の個人宛ではなく、期限も無期限になっており、これを所有すると正当なアメリカの支配者になることができる。

 

 伊勢神宮奥宮には、今も「大正天皇の」妹が生きている。

 政財界はこの人の意のままに動いており、毎年数百億の献金が集まる。

 某元総理も毎年一億円を献金している。

 

 ミュージシャンの松任谷正隆は、右翼の巨魁頭山満の曾孫に当たる。

「とうやま」と「まつとうや」で親戚筋になるのだそうだ。

 

………………

 えー、いかがでしたでしょうか、上記はすべて「これ、ほんとなんだよ」と「親切な方」からおそわった話です。なんか古本屋相手だと、こういうことを話しやすいんですかね。

 あ、宇佐についての話は、アメリカでは今も広く信じられているようですね。「ワルチン・ブック」って、昔のトリビア本みたいなベストセラーにも載ってたくらいですから。宇佐八幡宮とか、どんだけ古いと思ってんだか。

 本当はまだまだあるんだけど、つまんないのが多いんですよ、このテの話って。

 今日はエイプリル・フールなんで、お蔵出しセールしてみました。