本当は怖くない五月五日

 去年の続きのようなそうでないようななくないような話。

 

 五月五日は「こどもの日」

 通常ひな祭りに対抗してか、「男の子」の日ってことにされがちです。

 しかし、江戸時代くらいまで、五月五日は「女天下の日」でありました。その日は男たちが家から追い出され、女だけが家で好き勝手にしていたからです。

 これは「女の家」とされる風習で、京大阪の人はよくこのことを口にし、江戸文学にもちょくちょく記述が見られます。

 

 ……或は五月五日に限らず、家の内の祭事には、男の口の出せぬ部分があって、指図を受けずに主婦がどしどしと断行していたのを、寧ろこの一回の総勘定によって昔のままに承認しようとしたものと解せられる。……

(柳田國男『女の家』)

 

 もともとは中国起源の風習で、ちょっと前まで中国でも五月五日は女の日でした。(ちまきを河に捧げるのとは別に)

 それが日本に来てなんで「男の子」の日になったかというと、「菖蒲湯」に入るので、この「菖蒲」と「尚武」をひっかけたらしいです。なんとういうだじゃれ。

 

 去年もちょろっと書きましたが、五月は五日に限らず縁起の悪い月とされ、昔はなるべく行動を起こさずじっとしていました。

 一条兼良は『藤河の記』の冒頭にこう書き出しています。

 

……この月(注:五月)はよろづに忌むなる物を、といふ人有ければ、人のことはしらず、わが身にとりては、この七日にむまれたれば、かへりてよき月と思ひ侍る物を、とありしかば、聞く人、理とや思ひけん……

 

 五月って、いい気候の月なのにねえ…と思ってしまいますが、旧暦だと梅雨入りしてる時期ですからね。しょうがないです。

 

 

小島のすさみ・鹿苑院殿巌島詣記・白河紀行・住吉詣・筑紫道の記・なぐさめ草・藤河の記・道ゆきぶり (中世日記紀行文学全評釈集成)