アフリカにはとけるとバターになるトラがいるんだと小学校に入るまで信じていたのです

WHY THERE'S NO FRENCH HARRY POTTER

http://moreintelligentlife.com/content/arts/anonymous/french-childrens-books

 

 上記の記事、「フランスは料理とかアートとか文学とかいろんな文化を輸出してんのに、なんで『ハリー・ポッター』みたいなのはできないの?」て内容です。

『星の王子様』があるじゃん?、と思いますが、あれはほぼ大人向けで、フランス本国でもそういう認識みたいですね。でもハリー・ポッターだって、いい歳こいた大人が争うように読んだからベストセラーになったんですが。

 しかしまあ、確かにフランスの「児童」文学は層が薄い。そのことについて記事であれこれ分析してますが、こっちはフランス人じゃないのでどうもピンと来ませんな。

 

 さて、それでは日本ではどうなのかというと……

 けっこうたくさんありますね。ありすぎるくらい。ただ、ぜんぜん輸出されないってことに関しては、フランスと御同様ですが。まあ、翻訳が難しいんだからしゃーない。

 やや旧聞に属しますが、児童文学というと『ちびくろサンボ』騒動を思い出します。

 なんか「黒人差別だ」と言われて各社が絶版にしましたね。もう二十年以上前のことですが。

 そのときふと気づいたのが、(『サンボ』を絶版にしたら、黒人が主人公になる童話がなくなっちゃうんじゃない?)ということでした。あるにはあったのかもしれませんが、サンボより知名度が低く、サンボよりつまらないものだったことは確かでしょう。だってまったく評判を聞かないし。

 つまり、表面的なものを批判することで、その背景のもっと深刻な状況が浮かび上がってしまったわけです。

 

 数年前、なぜかサンボはなんということなく復活しました。しかし、黒人が主人公なのはサンボだけ、という状況はあまり変化していないように見受けられます。

 でもこれからアフリカが経済発展してくるなら、そうしたことも変わってくるかもしれませんけどね。

 

ちびくろサンボ

 

 ところで、これは誰と話しても「あるあるあるあったあった!!」と同意してもらえることなんですが、『サンボ』の魅力はなんといってもトラのバターで作るホットケーキがとてつもなくうまそうだ、ということにあると思います。

 そして、『サンボ』を読んだ大勢の子供たちは、必ず両親に「ホットケーキ」を作ってくれとせがみました。

 日清製粉は社内にサンボ神社でも作っとくべきですね。

 

日清フーズ ホットケーキミックス 使いきりタイプ 200g×30個

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    M.Neko (月曜日, 03 6月 2013 09:16)

    はじめまして。

    『ちびくろサンボ』!幼稚園児の時に『キンダーブック』で読みました。
    最後の場面、お母さんがフライパンでホットケーキを焼いている横には、
    既に焼きあがったホットケーキが
    何枚も何枚も重ねて置いてありました。

    この本の絵の、黒・黄・緑の強烈なコントラストが
    私にとっての初めてのアフリカ体験です。

    カルピスの昔のラベルのことも思い出してしまいました。

  • #2

    ひらきや (月曜日, 03 6月 2013 13:54)

    コメントありがとうございます。
    キンダーブック、なつかしいですね。

    >黒・黄・緑の強烈なコントラスト
    そうそう、カサや長靴や服の色がくっきりしていて印象深かったものです。