山頂で読むべき本は何だろうか

 今朝、開業前に一家で高尾山に登ってきた。

 そうしたら娘が自分の荷物に漫画と小説(ライトノベル)を三冊突っ込んできて、「いいかげん、どこにいくにも漫画を持ち歩くのをやめろ」と苦言を呈した。さすがに山の中では読まなかったが、行き帰りの電車の中では読みふけっていやがった。

 実はその様子を見て昔の自分を思い出したりしていたのだが、やくたいもない思い出話はこの際置いておく。

 

 さて、古本の中で「登山もの」というのはひとつのジャンルになっている。

 登山専門の古書店も存在するくらいだ。

 登山「家」として名をなす人はちょくちょく本を著すし、また著者の登山家自身がたいした読書家である場合も多い。

 やはり独りでキャンプする時など、長い夜を読書して過ごすこともあるのだろう。

 

 では、また定番の問題だが、

「独りで山に登った時、どんな本を持って行きたいか?」

 これは割と困る質問のような。

 都会的なハードボイルドも、宇宙を駆け巡るスペースオペラも、現代的で退廃的で内省的なあれこれも何か違う。荷物にならない薄いサイズで、持ち歩いても邪魔にならないもの。しかも山の中で読んでも違和感を感じない内容……

 けっこう難しい。

 漱石・鷗外クラスは少し重い。芥川の『侏儒の言葉』くらいならいいか。あと幸田露伴の短編集。『遠野物語』はハマりすぎて返って読めなくなりそう。

侏儒の言葉・西方の人 (新潮文庫) 幻談・観画談 他三篇 (岩波文庫)

 翻訳物はどうだろう。カフカ、ジョイス、プルースト、トルストイ、ドストエフスキーあたりは御免蒙りたい。ソローの『森の生活』?これもハマりすぎのような。シュティフターの散文なんかは意外とイケルかも知れない。

水晶 他三篇―石さまざま (岩波文庫)

森の生活 (講談社学術文庫)

 そういえば、現代文学でこれといってふさわしいものが思いつかない。どれもこれも、「閉塞した状況」で読むことを前提としているように思われる。

 

 私個人としてなら、犬塚堯の詩集かな。文庫判サイズでないのが難点だが。

 

 

 

 最後に付け足しとして、作家の夢枕獏は元登山家。

 駆け出しの頃、「山岳SF」というニッチすぎるファンタジー短編をいくつも書いていた。

猫弾きのオルオラネ (ハヤカワ文庫JA)